植木生産地で国産アロマオイルの蒸留現場体験

平成29年9月5日(火)、ふくおか農林水産業体験ツアーで国産精油の蒸留体験をおこないました。

ツアーに参加できるのは、ふくおか地産地消応援ファミリーに登録している方。詳しくはこちら(ふくおか農林漁業応援団のページ)

当センターは、植木屋さんが精油を作ろうと取り組んでいる現場を見てもらい、アロマを使ったクラフト作りに挑戦してもらおうと計画。

キャンセル待ちも出るほどの予約状況との嬉しいお知らせ!

参加者は、バスで福岡からうきは市へ。まずは午前中の品物が豊富な「にじの耳納の里」にてお買い物。それぞれが持参した保冷バックにてお持ち帰り。

次に版画工房&ギャラリー「游心館」を見学。版画の世界に触れてもらうとともに、ひそかに本日の香りを体感。「何の香り・・・?」と分からないまま次へ。

ランチは緑の中のガーデンウェディングレストラン「グリーンヒル」にて。ここにも本日の香りが!答えもご一緒に。

今回、グリーンヒルさんにも御協力いただいて、食事の邪魔をしない香りであることを事前に確認してもらっていましたし、樹木系の精油が空間アロマテラピーに適しているということを少しでも感じていただけたら・・・との思いで、お食事処にも関わらず香りを置かせてもらいました。

緑の中で美味しい食事と美しい眺めを体験していただいて、いよいよ緑化センターへ。

蒸留現場体験にて、本日の香り「ウラジロモミ」の蒸留を見学!すでに朝から一度蒸留がなされていたので、作業場は「あ~いい香り~」と皆さん喜び!

その後、香りのクラフト作りを。

アロマスクールの講師でもある財津先生に、アロマのいろはを分かりやすくお話しいただきました。

途中、クイズもあって、刺激的な時間でした。

いろんな香りを試した参加者さんの中には「何が何やら分からんくなってきた~」という方もいらっしゃいましたが、それぞれに石鹸が完成(^o^)!

「生活に取り入れたい」「勉強になった」「自然の香りが良かった」とご好評いただきました。また、「県をあげてこのような取り組みをしているところがとても素敵。いろいろな樹木で試してほしい」との嬉しい激励も。

ご参加くださいました皆様、講師をしてくださった財津さん・橋本さん・國武さん、御協力いただいた游心館さん、グリーンヒルさん、本当にありがとうございました。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ