アンケートにご協力ください

 福岡県緑化センターをご利用の皆様に、御意見・御要望を寄せていただき、見直し等の検討に役立てたいと思います。
 アンケート用紙は福岡県緑化センターの事務所前に常備している他、各種講習会の際にご協力をお願いしています。
 また、御意見・御要望はメールでも受け付けています。


メールはこちらまで

平成28年度アンケートより

☆寄せられた声☆
・講習会では、分からないことが分かって良かった(多数)
・講義は、専門技術職の方の実体験の内容を聞けて良かった(多数)
・先生の話が具体的で分かりやすかった(多数)
もっと実技をしてほしい
入門・中級・上級など、レベルに応じた班分けを検討してほしい
知名度が低いのでもっとPRしたほうがいい
専門的な言葉には説明や資料が欲しい
違う地区での開催を希望する
苗木など、販売もしてほしい
樹木ごと、あるいは常緑樹の場合、落葉樹の場合、といったふうに、焦点を絞って講習会を行ってほしい

☆御意見・御要望を受けて☆
もっと実技をしてほしい
時間的制限があるので、何らかの形で少しでも実習(体験)ができるように、配慮することを心掛けていくとともに、講師とも事前にその旨確認する。

入門・中級・上級など、レベルに応じた班分けを検討してほしい
当センターの講習会は原則初心者向き(入門編)とし、中級を希望する場合は、緑セン友の会への入会を促すようにする。

知名度が低いのでもっとPRしたほうがいい
PRの仕方は今後も随時検討していく。講習会の広報の仕方だけではなく、福岡県緑化センターを知ってもらうために、様々なアピール手段を検討していく。

専門的な言葉には説明や資料が欲しい
専門的な言葉を使うときは、説明を入れてもらうよう、事前に講師にも伝えておくとともに、資料を作成する際もその旨留意する。

違う地区での開催を希望する
現在のスタッフ数では、今以上の講習会を企画実施するのは無理なので、出張講座の情報がその地域の方々に広く行き届くように、各市町村への広報を強くお願いする。(実際には、足を運び、強くお願いしているが、紙面の関係上、載せてもらえないことも多い。)

苗木など、販売もしてほしい
当センターの位置づけから販売はできないので、近隣の販売所などを分かりやすいように紹介していく。

樹木ごと、あるいは常緑樹の場合、落葉樹の場合、といったふうに、焦点を絞って講習会を行ってほしい
現在は、春季・秋季ともに同じ内容の講座を開いている場合もあるので、講師と打ち合わせて、それぞれに特徴のある内容になるよう工夫する。


 今後も御声援の程宜しくお願いします。

平成27年度アンケートより

☆寄せられた声☆
・よく手入れされており、また行きたい(多数)
・次回もぜひ参加したい(多数) 現在のやり方を継続してほしい
・講師や講習会担当者が丁寧で感じが良かった(多数)
もっと実技をしてほしい(多数)
もっと写真などを多用してほしい(多数)、パワーポイントなども使っては?
先生にピンマイクをつけてほしい(複数)
質問はもっと整理するべき(複数)やりとりを進行役の人が進めてほしい、人数が多くて自分の質問ができなかった、質問の時間が短かった
緑化センターの場所が遠いので近場で講習会を受けたい(複数)
PR不足では?(複数) こんなに良い講習会なのに知られていないのが残念
園内の樹木名札の見えにくいものがある

☆御意見・御要望を受けて☆
もっと実技をしてほしい(多数)
実習を希望する声が例年大変多いのですが、せん定講習の実技は年に2回のマツのせん定と9月の生垣のせん定の他には、実習場の確保や受講者の人数を少数に制限しなければならないなどの観点から、増やすことがなかなか難しいのが現状で、ご要望にお応え出来ず申し訳ございません。それでも、かた結び(男結び)の仕方や、さし木や接木など、できる限り講義の中で実技を取り入れてもらうよう、講師に依頼するとともに、実技を少しでも増やしていけるように検討します。

もっと写真などを多用してほしい(多数)、パワーポイントなども使っては?
写真などを使った講義の工夫を取り入れていきます。パワーポイントなど一部実施中で、今後徐々に拡大していきます。

先生にピンマイクをつけてほしい(複数)
先生には必ずピンマイクをお願いしています。(実施中)

質問はもっと整理するべき(複数)やりとりを進行役の人が進めてほしい、人数が多くて自分の質問ができなかった、質問の時間が短かった
講師には質問時間を限定するようお願いしています。質問は講習会担当が進行役としてフォローするようにしています。(実施中)

緑化センターの場所が遠いので近場で講習会を受けたい(複数)
対応するにあたっての職員数や広報の問題があります。講習会担当者が一人であること、各市町村広報誌に講習会参加者募集の記事をお願いしても、紙面の関係で載せていただけない場合もあり、そうすると参加者が集まらず、費用対効果が小さくなります。また、福岡県緑化センターで行うことは、実際の樹木を確認することもできるなど、実技的な幅が広がるのでぜひお勧めです。少し遠方なので大変かと思いますが、久留米市田主丸町にはたくさんの見どころがありますので、ぜひ足を運んでいただけると嬉しいです。

PR不足では?(複数) こんなに良い講習会なのに知られていないのが残念
良い講習会だと思っていただけることが何よりありがたいことです。イベントの広報はラジオやテレビも活用させていただきますが、通常の講習会は、市町村広報誌や新聞地方版に掲載を依頼するほか、ホームページや口コミ、リピーターさんによって広まります。これらの媒体に確実に載せていただくことが必須ですので、市町村広報担当課や新聞社などに足を運んでお願いに回っています。

園内の樹木名札の見えにくいものがある
現在、名札の整備に努めています。

 今後も御声援の程宜しくお願いします。

平成26年度アンケートより

☆寄せられた声☆
・講習会は素人に分かりやすく役に立つ内容だった
四季を通じて見てみたい
実技をもっと増やしてほしい
果樹講座を増やしてほしい
多肉植物、苔玉づくり、草花の寄せ植え、盆栽の講座を開催してほしい

☆御意見・御要望を受けて☆
四季を通じて見てみたい↓
  緑化センターを簡単にご紹介するファイルを作成しました。PDFファイルで見ることが可能です。
   福岡県緑化センターのご紹介

実技をもっと増やしてほしい↓
 受講生が多い講習会や会場が他施設の場合は実技講習が難しいのが現状で、なかなかご期待に応えられず申し訳ございません。平成27年3月に「初めての多肉植物の寄せ植え講習」、平成27年6月と7月に「植物観察会と苔玉づくり」を。できることから、少しずつやっていきたいと思います。
 また、先生に直接お尋ねいただける機会もあります。可能であれば毎週日曜日10時~15時に専任の樹木医による緑の相談もご利用ください。直接御来所いただければ、園内の樹木を実際に見ながら具体的な説明ができると思います。時間的な制約もありますので、緑の相談についての詳細はこちらをご参照の上、ご利用ください。


果樹講座を増やしてほしい・多肉植物、苔玉づくり、草花の寄せ植え、盆栽の講座を開催してほしい↓
  果樹講座は年に一度開催しておりますが、全体の講習会の数が多いため、さらなる講習会の企画は難しい状況となっております。人気のなくなった講習会を整理せねばなりませんが、いずれもご要望がありますので、今のところ増やすことができません。
 平成27年3月に初めて「いつでもまち旅」に参加しましたが、その企画の中で、苔玉や多肉など、比較的簡単に実習ができることを取り入れていくように計画しています。

 今後も御声援の程宜しくお願いします。

平成25年度アンケートより

☆寄せられた声☆
・四季を通じて見てみたい
・緑地管理が行き届いている
・無料で学べるとても良い施設
駐車場から園内への順路が分かりにくかった
自宅付近から緑化センターまでの経路が分かりにくかった
講習会に実技を取り入れてほしい

☆御意見・御要望を受けて☆
駐車場から園内への順路が分かりにくかった↓
  駐車場に本館への順路を示す看板を2か所設置しました。(平成26年2月)

自宅付近から緑化センターまでの経路が分かりにくかった↓
  緑化センターまでの経路については、ホームページ上ではグーグルマップを添付しておりますが、ネット接続していない方のために、自宅から緑化センターまでの経路を口頭で(電話で)説明したり、FAXで手書きの地図を送るなどして対応しました。

講習会に実技を取り入れてほしい↓
 受講生が多い講習会や会場が他施設の場合は実技講習が難しいのが現状で、なかなかご期待に応えられず申し訳ございません。平成26年度は、平成27年3月に初めての多肉植物の寄せ植え講習を計画しています。できることから、少しずつやっていきたいと思います。
 また、先生に直接お尋ねいただける機会もあります。可能であれば毎週日曜日10時~15時に専任の樹木医による緑の相談もご利用ください。直接御来所いただければ、園内の樹木を実際に見ながら具体的な説明ができると思います。時間的な制約もありますので、緑の相談についての詳細はこちらをご参照の上、ご利用ください。

 今後も御声援の程宜しくお願いします。

平成24年度アンケートより

☆寄せられた声☆
・園内はのびのびできて気持ち良い
・園内は広くて気持ちいい
・園内はよく管理されている
・講習会は自宅の庭の管理に役立つ
・講習会は広い範囲にわたり教えてもらえてよかった
・講習会の講師が実務に詳しくて良かった
講習会は実技が少ない、もっと実技を増やしてほしい
全ての木に名札が欲しい
緑化センターをもっと多くの人に知ってもらうべき、PR不足

☆御意見・御要望を受けて☆
講習会は実技が少ない、もっと実技を増やしてほしい↓
 平成25年度は実技の講習会も計画します。ただ、受講生が多い講習会や会場が他施設の場合は実技講習が難しいのが現状です。今後も検討していきたいと思います。
 また、可能であれば毎週日曜日10時~15時に専任の樹木医による緑の相談もご利用ください。直接御来所いただければ、園内の樹木を実際に見ながら具体的な説明ができると思います。時間的な制約もありますので、緑の相談についての詳細はこちらをご参照の上、ご利用ください。

全ての木に名札が欲しい↓
 毎年、少しずつ増やしていますが、まだ未整備の部分もあり、御不便をおかけして申し訳ございません。
 平成25年に重点的に薬草見本園の名札を整備しました。
 今後も毎年取り組んでいきたいと思います。

緑化センターをもっと多くの人に知ってもらうべき、PR不足↓
 「こんなに気持ちいいところなのに知られていない、もったいない」といったお声を頂戴しています。
 平成24年度はラジオやケーブルテレビに出演するなどして広報活動を行いましたが、今後も多くのメディアを活用できるよう努力します。
 今後も御声援の程宜しくお願いします。

このページの先頭へ